プロフィール

「テクノカットスタジオ」は漫画家・イラストレーターのカネシゲタカシが代表を務める制作スタジオです。

カネシゲタカシ(かねしげ・たかし)のプロフィール

漫画家、イラストレーター、コラムニスト。東京都目黒区在住。日本漫画家協会会員

1975年10月22日生まれ。大阪府出身。関西大学社会学部卒

『週刊少年ジャンプ』第2回コマキン大賞で準キング受賞、同誌でデビュー。その後『週刊アサヒ芸能』『まんがライフ』『パチスロ7』など各種雑誌、また『スポーツナビ』等のウェブ媒体で漫画を連載

著書は『みんなの あるあるプロ野球』(講談社)、『野球大喜利ザ・ベスト』(徳間書店)、『ベイスたんやよ!』(KADOKAWA)、『産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。』(幻冬舎)ほか

テレビ番組用イラストも数多く制作。テレビ朝日『サタデーステーション』、日本テレビ『スクール革命』『幸せ!ボンビーガール』『ナカイの窓』など、バラエティから報道まで幅広いジャンルの番組を担当

野球好き漫画家として新聞等でコラム連載を持つほか、テレビ、ラジオ、トークライブにも出演

イベントプロデューサーとしても活動。株式会社R.E WORKSと株式会社Gifutが共同運営するスポーツ・エンターテイメントのプロデュース事業「スポタメ」に参加

元お笑い芸人。大学在学中に岩尾望(現フットボールアワー)と「ドレス」を結成。約4年間活動

趣味は野球観戦(横浜DeNAベイスターズファン)、音楽、鉄道など

芸人時代に結成したバンド「盆地で一位」(野性爆弾、フットボールアワー後藤輝基、カネシゲタカシ)や「THE SESELAGEES」(野性爆弾くっきー!、トータルテンボス藤田憲右、2丁拳銃小堀裕之、河内一治、カネシゲタカシ)ではドラマーとして活動中

家族構成は妻・たんたん、長女、もんすたー(モルモット)

SNSでも情報発信しております
Twitter
facebookページ
カネシゲタカシ

「テクノカットスタジオ」では漫画家・イラストレーターとして20年以上のキャリアを持つカネシゲタカシが制作を担当。各種漫画はもちろん、テレビ番組用イラストやオリジナルキャラクター、似顔絵、ウェルカムボードの制作など、漫画とイラストのことなら何でもご相談ください!

カネシゲタカシの「おもなメディア出演」「おもなイベント出演」を一覧にまとめました

「プロフィール」の記事